オープンキャンパスの申し込み

オープンキャンパスの服装は何でもOK!

オープンキャンパス実施中!!

オープンキャンパスの服装は何でもOK 私服、制服どちらでも大丈夫です!

オープンキャンパスはどんな服装でも参加OK!

私服でも、もちろん制服でも気軽に参加できます。
約80%の方が私服なので普段着で全然問題ありません。
カジュアルでもフォーマルでもお気軽にご参加下さい。

教職員一同、皆さんの参加をお待ちしています。
オープンキャンパスの様子

オープンキャンパスは私服で参加する方が多数です

「オープンキャンパスは、どんな服装で行ったらいいのかな?」、高校生の皆さんが最初に悩む疑問点だと思います。結論を言うと、服装は自由なので私服でも制服でも構いません。
正確な統計は取っていませんが、私服で参加される方は80%程度といったところでしょうか。体験実習で作業着を着ることはありませんし、実際の授業でも着替えることはありません。専門学校によっては、医療、衛生、調理、工業などの分野では実習着があります。本校はコンピュータなどの実習が中心なので、服装を気にすることはありません。ただ、人を不快にさせるような服装はNGです。TPO、時(Time)、場所(Place)、場合(Occasion)という考え方があります。高校生の皆さんは初めて聞く言葉かもしれませんが、時と場所と場合によって服装を考慮するという考え方です。このように、社会人として実践的な知識やマナーが身につくのも専門学校の特長です。私服でも制服でも、オープンキャンパスではお好きな服装で気軽に参加して下さい。

参加者のコメント

「服装は迷いましたが制服で来ました。次回は私服で参加したいと思います。」高校3年生(埼玉県)
「服装の規則もないし専門学校は自由な雰囲気です。」高校2年生(東京都)
「先生と学生との距離が近いのはいいことだと思った。」既卒(埼玉県)

≫東京マルチメディア専門学校の「オープンキャンパス情報」はこちらから!

東京マルチメディア専門学校は自由な雰囲気で学習できます

オープンキャンパスはもちろん学校生活でも服装は自由ですが、専門学校にも校則はあります。厳しさは学校によって異なりますが、東京マルチメディア 専門学校の場合、比較的自由な雰囲気です。もちろん、いじめやケンカなどのトラブルもありません。学生同士仲良く学校生活を送っています。
また、学生と先 生との距離が近く、学校生活で困っていることがあれば気軽に相談できます。相談内容では、就職相談、授業の学習相談、学費の相談が多いようです。担任と副 担任の先生が卒業(内定できなかった学生は卒業後も)までお世話をしますので安心して入学して下さい。
オープンキャンパスの様子

また、オープンキャンパスでよく聞く質問ですが、留年はほとんどありません。留年はもちろん校則で規定がありますが、毎年ほぼ全員の学生が進級し卒業しています。中には家庭の事情や進路変更で退学を申し出る学生もいますが、普通どおり登校して授業に参加すれば通常、留年することはありません。ただ、成績評価は講師の先生によって若干、厳しい場合もありますのでご注意を!

服装も大事ですが、気持ちが一番大事です!

オープンキャンパスに参加して多くのことを発見すると思います。実際に「参加してよかった。」と回答してくれる方がほぼ100%近くいらっしゃいます。これから参加される皆さんは受け身ではなく、目的意識を持って参加すると更に多くの発見があると思います。将来、どんな仕事がしたいのか?仕事を通してどんな社会貢献をしていきたいのか?少しでいいですから頭の片隅に入れて参加してみましょう。

オープンキャンパスの体験実習は、二年間の授業のごく一部ですが、自分が勉強したい内容なのかしっかり判断しましょう。分野ごとに全部で4つの体験実習をご用意しています。まだ、はっきりと自分の希望が分からない方は、一度だけでなく何度でも参加できるのでいろんな実習に参加して下さい。きっと勉強したい事が見えてくると思います。また、実習だけでなく、学科の内容も丁寧にご説明します。学科の方向性や就職した先輩のお話、学生作品の紹介、業界の現状や将来の動向、求められる人物像など興味あるお話がたくさん聞けます。皆さんの進路決定の参考にして下さい。

ちなみに先生方の服装は!?

本題を少し外れますが、先生方の服装にも触れておきましょう。東京マルチメディア専門学校ではおもに、講師の先生、担任の先生、事務職員がいます。意外かもしれませんが、講師の先生はと割とラフな服装が多いかもしれません。講師の先生でも、学科によって少し傾向が変わります。ビジュアルデザイン科やゲームクリエイター科はカジュアルな先生が多く、モバイル・アプリケーション科や情報処理科はフォーマルな先生が多いです。学科によって先生の方の個性も変わるものですね。ちなみに、担任の先生は毎日スーツです。もちろん夏場は環境に配慮してクールビズです。入学したら、先生方のファッションチェックをするのも面白いかもしれませんね。

服装は気にしないで気軽に参加してね!

もっと詳しく見て行きましょう。先にも述べたとおり、参加者の中で一番多い服装は私服ですが、中でもカジュアル系な方が多いようです。ほとんどの方がこれに該当すると思います。次に多いのが高校の制服で参加される方です。特に高校2年生で友達と複数で参加される方に多く見られます。最近、オープンキャンパスは高校の宿題になっているようですね。進学先を知ることはとてもいい機会だと思います。せっかくなので宿題として参加するのではなく能動的に将来の進路を想像して参加しましょう。とても収穫のある宿題が完成する事と思います。これで服装の心配や不安はなくなったかな?さぁ、オープンキャンパスに申し込もう!教職員一同、皆さんの参加をお待ちしています。

オープンキャンパスお申込み